友人の話を参考に予備校を選びました

苦手教科を克服できたのと絶対的な自信がある教科があるというというのは精神的にかなり余裕が生まれるもので、後は他の教科で大きな失敗をしなければ受験は大丈夫だろうという気持ちになることができました。 さすがに受験当日はそこまで余裕を持つことができなかったわけですが、試験が始まって危なげなく解答をすることができると行けるという気持ちになって落ち着いて問題を解いていくことができたのです。

比較的不安があった教科の出来が良かったことで、これはもう余裕だなと感じ残りの試験もリラックスして受けることが出来ました。 医学部受験というかなりハイレベルな試験にもかかわらず、ここまで余裕を持って挑むことが出来たのは自分でも信じられないぐらいでした。 もちろん、無事に医学部に合格をすることができたので、評判の良い予備校を選んだのは正解でした。


TOP